ニッケル水素電池の事で語られた。。。

普段、私たちが使っている単三電池などは、
一次電池として使えなくなったら捨てられるものですが、
充電器でチャージしながら使い続けられる電池があります。
それが、二次電池とよばれる「ニッケル水素電池」です。
こちらの電気は、同じ電池の仲間である「ニカド電池」よりも、
バッテリの容量があり、少しずつ電池を使いながら、充電を繰り返していく電池です。
これらは、電動の髭剃りや電気とガソリンを使い分けるハイブリッド車に使われています。
そのため、ノーベル文学賞の作品でもニッケル水素電池の名前が使われています。
また、「ニッケル水素電池」についても、毎年ノーベル賞候補として注目されています。
しかし、受賞したことはありません。

手形割引の相談で東京へ行ってきた

手形を現金化したいなと手形割引をインターネットで調べたところ、
東京の業者さんが代行してくれるそうなので
手形割引で東京に向かうことになりました。
当日に行ってくれるとのことでしたので、新幹線で東京に向かいました。
新幹線の中で何もすることがなかったので、
ノーベル文学賞を受賞した作品を読むことにしました。
読んでみて、さすがにノーベル文学賞を受賞しただけのことはある作品だなと
感心してしまいました。
作品に熱中していたら東京についてしまいました。
業者さんと待ち合わせをして、手形割引を行うことができました。
入金は本日ということでしたので、東京にある取引銀行の支店に行って
残高を確認したところ入金が確認できました。

古物市場で掘り出し物ゲット!

小さいころから本を読むことが大好きで、
大人になってから古書店街を散歩コースにしています。
ノーベル文学賞を受賞した日本の作家や海外の作家の珍しい初版本が
手に入ることもあるので、目を皿のようにしてお宝作品を探しています。
この前、古書店街をいつものように散歩していたら、
広い公園内で古物市場が開催されていました。
沢山の人でにぎわっていたので、何か掘り出し物があるかと思い、
何気なく公園内に入ってみました。
手作り作品から古い蔵から取り出してきたような物が沢山並べられていました。
いくつか見てまわり、ふと1つの日本人形に目が留まりました。
販売している人から話を聞くと、高貴な方が嫁入り道具に持っていた人形だということで、
少し値段が高かったのですが掘り出し物だと感じて購入しました。
今では家の玄関に飾って楽しんでいます。