ニッケル水素電池の事で語られた。。。

普段、私たちが使っている単三電池などは、
一次電池として使えなくなったら捨てられるものですが、
充電器でチャージしながら使い続けられる電池があります。
それが、二次電池とよばれる「ニッケル水素電池」です。
こちらの電気は、同じ電池の仲間である「ニカド電池」よりも、
バッテリの容量があり、少しずつ電池を使いながら、充電を繰り返していく電池です。
これらは、電動の髭剃りや電気とガソリンを使い分けるハイブリッド車に使われています。
そのため、ノーベル文学賞の作品でもニッケル水素電池の名前が使われています。
また、「ニッケル水素電池」についても、毎年ノーベル賞候補として注目されています。
しかし、受賞したことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です