犬の皮膚病と上手に付き合う

ワンコ好きにとって愛犬の健康状態は何より気になる物。
犬に限らず最近のペットは人間と同じ様なアレルギー症状にも
気をつけなければいけません。
犬の皮膚病の原因とし多いのが細菌や寄生虫の感染ですが、
最も多いと言われているのがノミのアレルギーです。
ノミの唾液に含まれる物質に対してアレルギー反応を起こし
皮膚に炎症が出るようになります。
しかしこれについてはよく効く薬がありますので
あわてずに獣医師に相談すれば問題有りません。
飼い主としてはまず犬がいつ頃から主にどのあたりをかゆがっているのか
しっかり観察して獣医師に伝えましょう。
ところで日本人初のノーベル文学賞受賞者の川端康成が
大の愛犬家だった事はご存知でしょうか。
「愛犬家心得」という作品も残しています。
現代にも通じる心得が記されていますからご一読をおすすめします。

masterad_bowkerbios

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です